トップへ戻る
バックナンバー

★コラム「あんしんの場」★ 2010/11/25 更新

「タッチ・コミュニケーション(R)」の絵本ができました!

たとえば、私たちが赤ちゃんの立場で、ベビーマッサージを行ってもらうとしたら、どのような気持ちでお母さんにマッサージして欲しいと思うでしょうか。

「大好きだよ」と心をこめて撫でてもらうのと、「早く、寝てよ」とイライラしながら撫でられるのでは、同じマッサージのストロークであっても、心に伝わる何かがちがいます。皮膚感覚から脳に伝わる情報は、相手の心理状態まで感じ取れてしまうのです。ですから、その時々の気持ちの持ち方はとても重要な意味を持ちます。

このように心の持ち方が大切なのは、誰でも理解できますが、いつも気持ちを意識しながら育児や子育てができるわけではありません。時には、子どもの寝顔を見ながら心無い対応をしてしまったと後悔してしまう夜もあるでしょう。しかし、ほとんどは疲れが原因です。育児、子育ては24時間休みがありません。心身共に疲労が重なると、誰でも怒りやすくなります。

そこで、この度、育児、子育てに奮闘しているお母さん、お父さんたちの心が少しでも楽になって頂くことを願って、大人向けの絵本をつくりました。どうぞ、この本を手にとって、ホッと一息入れてください。40億年の生命の歴史から、私たちが生きている現在まで、命の鎖が繋がっているイメージを味わってください。忙しい毎日を過ごされている全ての方々に、客観的に自分を見つめる」心の休息時間となって頂ければ幸いです。



(コラム「あんしんの場」★ 2010/11/25 更新)


トップへ戻る
バックナンバー