メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始
宇治木 敏子
PROFILE

◆1958年富山県生まれ、広島県呉市在住

◆役職
・ 特定非営利活動法人
  日本タッチ・コミュニケーション協会 理事長

◆資格
・ NPO法人日本交流分析協会認定 
  交流分析士・認定インストラクター
・ 日本アーユルヴェーダ学会認定教師
・ ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ財団認定 ヨーガ教師
・ 安芸高田市専任メンタルヘルスカウンセラー
・ 同市全職員メンタルヘルスケア研修講師
・ 中川産科婦人科産前産後のメンタルヘルスケア専任講師
・ NHK文化センター講師  他

◆著書「心のふれあい タッチ・コミュニケーション」


1985年: ・ストレスマネジメントについて研究を始める。
1992年: ・ヨーガセラピーを基盤にメンタルヘルスケア講座を各地で開催。
 子ども支援・親支援の活動を始める。
2000年: ・インドにてアーユルヴェーダ・パンチャカルマセラピスト
 資格試験合格。
・インド中央政府認定ヨーガ教師資格取得。
 インド発祥のベビーマッサージを日本人向けにアレンジし、
 子育て支援として普及を始める。
2001年: ・産婦人科にてベビーマッサージ(タッチ・コミュニケーション)による
 母親のストレス軽減効果について研究を開始。
2003年: ・特定非営利活動法人日本タッチ・コミュニケーション協会を設立。
 理事長に就任。
2004年: ・3000件に及ぶ意識調査の結果を基に、母親の潜在した育児の問題と
 ニーズに対応した【タッチ・コミュニケーション 子育て支援プログラ
 ム】を開発。
 親のストレスケアを重視したセミナーが好評を得、乳児学級など講師
 依頼多数。
2005年: ・乳幼児虐待防止のガイドブック作成。
 厚生労働省よりニート対策のコーディネーターを受託。
2007年: ・ベビーサポートセンターを開設し、託児付きママカルチャー・育児相談
 などマタニティからの子育て支援を開始。
2008年: ・利用者のニーズにより、ベビー&チャイルドサポートセンターと改名
 し、子どもの成長に合わせたサービスを展開。
2009年: ・経済産業省より、日本を代表するソーシャルビジネス55選に選定され、
 全国にノウハウ移転事業を開始
2009年: ・(財)くれ産業振興センターに事務局をおく自社商品開発推進研究会『開
 発グループ』の協力の元、ベビーマッサージ に必要なオイル「まごこ
 ろ タッチオイル」の開発、商品化に成功
2010年: ・10月1日 絵本「心のふれあい タッチ・コミュニケーション」出版
2010年: ・子ども虐待防止オレンジリボン支援団体登録
   

2004年: ・札幌市民公開講座で『がん患者とタッチ・コミュニケーション』を講演
2005年: ・広島県産婦人科医会
 『ベビーマッサージによる乳幼児虐待予防の一考察』を講演
・日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会in広島 シンポジストとして発表
2006年: ・仙台国際センター みちのく医療セミナー講演
 『タッチ・コミュニケーション:ベビーマッサージ』       
・池袋アカデミーホール 医療セミナー講演
 『これからの母乳育児/タッチ・コミュニケーション』
・中国経済産業省
 (少子高齢化時代に対応した地域経営手法検討委員会、個別委員会)
2007年: ・廿日市大野福祉保健センター
 (保育師・栄養士のための母子保健促進セミナー)
・市町村保健活動協議会(廿日市支部研修会および在宅保健師等研修会)
・呉信用金庫(しんちゃんランドメンタルヘルスケア講座
・広島県看護協会(助産師職能研修会)『深めたい助産ケア』
・NPO法人日本交流分析協会 年次大会 『OK-OKの子育てを』
2008年: ・日本産科婦人科学会 広島地方部会 広島県産婦人科医会
 「女性の健康増進」
2009年: ・呉信用金庫 新入社員研修 広島県立呉商業高等学校・教職員研修
 「ヨーガと、いきいき健康教室」
・川尻町平成会・商工会研修「タッチ・コミュニケーションと癒し」
・安芸高田市・全職員研修「平成21年度・ストレスマネジメント研修」
・重症心身障害児施設・鈴が峰…職員研修
 日本私立学校振興・共済事業団主催『健康増進講座心と体のメンテナンス
・広島県看護協会広島西支部主催 看護協会広島西支部会員非会員対象
 研修会(西広島リハビリテーション病院)
2010年: ・海上自衛隊第1術科学校 職員研修 『ヨーガとストレスマネジメント』
・熊野町子育て支援センター主催 職員研修 
 タッチ・コミュニケーション実践講座in熊野町子育て支援センタ
・社会福祉法人常石会常石保育所すくすくハウス主催 
 親子向けタッチ・コミュニケーション(ベビーマッサージ)講座
・竹原商工会議所主催 社団法人竹原豊田法人会共催 
 ココロもカラダもリフレッシュ!ヨーガでストレスケア      
・ 日本ゴマ科学会主催 第25回日本ゴマ科学会 一般市民公開 講演 
 『心身の健康増進 セサミオイルでオイルマッサージ』      
・日本アーユルヴェーダ学会主催 
 第32回日本アーユルヴェーダ学会研究総会in広島
・国際ソロプチミスト児島主催講演会『一生輝き続けるために』
 内面から引き出す女性の美しさと健康in倉敷市立短期大学
2011年: ・廿日市市阿品市民センター
 「おかあさんのほっとスペース 〜ヨーガセラピー〜」
・ガリバープロダクツ主催 
 マリーナホップ子育てイベント 「出張タッチ・サロン」
・広島県立賀茂高等学校 
 ヨーガセラピーを基本にしたリラクゼーション講座
・日本アーユルヴェーダ学会主催 
 日本アーユルヴェーダ学会in大阪6月セミナー
   

主要研修講演先  2003年10月 〜 2011年10月までの講演・講座実績
◎公民館・保健センター・子育て支援センター
 幼稚園・保育園(107件)
◎学校・教職員組合(私立・公立)(42件)
◎産婦人科医師会・看護協会・助産師職能委員会
 医療施設・文化センター・商工会・信用金庫
 企業・公共等(148件)他
                

1、ベビーマッサージの効果と安全性について、宇治木敏子
  :第23回 日本アーユルヴェーダ学会 2001.
2、産婦人科におけるベビーマッサージの実践について、宇治木敏子
  :第24回日本アーユルヴェーダ学会、2002.
3、産婦人科におけるアーユルヴェーダの実践・ベビーマッサージ
  (タッチ・コミュニケーション)の母子への有効性、宇治木敏子
  :アーユルヴェーダ研究33号、2003.
4、がん患者とタッチ・コミュニケーション, 宇治木敏子
  :第26回日本アーユルヴェーダ研究学会誌34号、2004.
5、タッチ・コミュニケーションの指導者養成の必要性、宇治木敏子
  :第26回日本アーユルヴェーダ研究学会誌34号、2004.
6、タッチ・コミュニケーションの乳幼児虐待予防効果についての研究,
  宇治木敏子,(独)福祉医療機構平成17年度長寿・子育て・
  障害者基金事業,
  愛の力が社会に広がるタッチ子育て支援事業ガイドブック、2006.
7、ナースのためのベビーマッサージのすすめ
  〜子を慈しむ心を引き出すタッチ・コミュニケーション、宇治木敏子
  :広島国際大学 看護学部教授 山口 求 共著 
  隔月刊誌こどものケアvol2 8.9月号、2007.
8、子どもたちは今『生命の鎖を繋げよう』,宇治木敏子,
  広島大学付属小学校内学校教育研究会発行学校教育2月号 1111号、2010.




日本タッチ・コミュニケーション協会事務局


このページのトップへ

ページの終了